「ミッション大全」の存在意義

「ミッション大全」の役割

ミッション大全は、企業や教育機関、あるいは非営利団体等で掲げられる
ミッション、ビジョン、バリューのうち、特に「ミッション」に重きを置き
事例を元にミッションの構造を分析し、小さなビジネスをされている方にも
「ミッション」を創り上げるヒントをご提供するサイトである。


GAFA(Google,Amazon,Facebook,Apple)を初めとする
世界をリードするような大企業はもちろんのこと、中小企業あるいは個人でも
ビジネスにおいてミッションを掲げる事例が増えてきている。

ミッションは経営において重要だ。
段々とその考え方は定着してきたように思う。

ミッションは経営における羅針盤であり、ミッションなしでは迷ってしまう

けれど、特にビジネス初心者の方、あるいはこれまで商品やサービスの
機能向上を追い求めてこられたが故に、ミッションなどの策定にはなかなか
手を出せなかった経営者の方にとっては、自らのビジネスの軸となる
「想い」を言語化するのは意外と難しい。

けれど、特にビジネス初心者の方、あるいはこれまで商品やサービスの
機能向上を追い求めてこられたが故に、ミッションなどの策定にはなかなか
手を出せなかった経営者の方にとっては、自らのビジネスの軸となる
「想い」を言語化するのは意外と難しい。

ここで、あらためて本サイトを運用し、記事を執筆する
株式会社心の文章や代表取締役であり、ミッション発信コンサルタントの
多田百合惠が「なぜミッション発信を企業として推し進めるのか?」
その背景ストーリーも含めて語らせて頂きたい。

株式会社心の文章やの価値提供
ミッション発信コンサルタントとして

ライターとしての起業、お客様からの学び

株式会社心の文章やは元々、大学で社会学を学び、様々な職種を経て
大学院でインタビュー調査と言語化に魅せられた代表取締役の多田が
2018年8月にライターとして起業したことから始まる。

始まりからしてやや珍しいライターだと自覚はあった。
人の生き方や想い、考え方をいかに文章に表わすかが焦点にあった。
最初はプロフィールをお手伝いし、そこからセミナー・集客・マーケティング
メルマガライティングなどを学ぶ中で、「売上の向上」や「反応率向上」に
貢献するコピーライティングを磨いていくことになる。

他方で、自分史活用アドバイザーの認定を受けるなど、人の生きたプロセスを
文章にして残す活動も地道にし続けた。
「やりたいこと」で言えば、数字を追うより人の心を表わしたいと思った。

結果が数字として表われにくい分野でリピートも起こらない商品だ。
ビジネスとしては当然行き詰まっていった。

多田の本拠は広島である。しかし、東京や大阪、神戸へと常に学びに出向いた。
狭い世界の狭い商圏に未来はない。先行投資として移動を続け、学んだ。

多くの人に支えられ、2019年8月に法人化。
けれど、変わらず経営状況は苦しかった。打開が必要だった。
時間と労力、スキルを切り売りするのではダメだ。
仕組みを作らなくてはいけない。もっと価値を高めなくてはいけない。

そんななかで、ラーニングエッジ社のマーケティング講座を受講したことが
ひとつのきっかけとなった。
そこで企業経営における経営理念や経営哲学の重要性を学ぶことが出来た。

理念や哲学は、経営者や会社が辿ってきたストーリーの表れである。
ストーリーを言語として表わすことは、自分の専門領域。
そこに自分が価値を生み出せるベストのかたちを求めた。

ミッション発信コンサルタントとして、ミッションを研究し、より多くの
ビジネスを営む方々に「ミッション」を、更に言うならご自身の人間としての
「生きる目的」を見つめ直すきっかけを本サイトではご提供したい。

それが、「ミッション大全」の全てである。
経営方針や人材採用に悩む経営者の方、発信の内容に迷う個人事業主の方、
あるいは学校や団体の方かも知れない。
何かしらのヒントがこのサイトで見つかることを心より願って。

お問い合わせは、お気軽にこちらから

株式会社心の文章や 代表取締役 多田ゆりえ 拝